G-75DH3GZ7WH 無料漫画小説ーラブストーリー - 無料小説漫画 フルムーン - Page 2

無料漫画小説ーラブストーリー

SCARLET LOVESONG-暁の情熱

SCARLET LOVESONG-暁の情熱 第四話

トップエンターテイナーとして、ハガネは相変わらず忙しい日々をおくっていた。あの紅の夕陽以来、彼女はますます仕事に貪欲に取り組んでいた。とくに役者としての彼女は、とにかく妥協など一切許さず、そうまるで、その役一つに命をかけているといっていいほ...
SCARLET LOVESONG-暁の情熱

SCARLET LOVESONG-暁の情熱 第三話

夕暮れの紅のビーチで、Z4をやっとの思いで見つけたハガネ。 「あれ、ハガネちゃん?」 懐かしい声が海岸に響き渡った。夕陽の浜辺をバックに一人たたずむZ4が、自身の背後に立ち尽くす彼女を見つけるのに、長い時間はかからなかった。逆光がまぶしすぎ...
SCARLET LOVESONG-暁の情熱

SCARLET LOVESONG-暁の情熱 第二話

女優としてメジャーデビューをはたしたハガネ=ミドウ。それからの彼女の仕事ぶりは、とにかく凄まじいものがあった。ドラマにバラエティーに映画、雑誌の取材にアイドル、歌手活動と、仕事は絶対に断らない、まさに"仕事の鬼"であり、一気に大人気女優とし...
SCARLET LOVESONG-暁の情熱

SCARLET LOVESONG-暁の情熱 第一話

地方都市の劇団女優、ハガネ・ミドウは、ある日”世界秩序の番人”または”この世の支配者”とも目される、ジークリード4thにメジャーデビューの話を持ち掛けられる。大衆を魅了するスター性を持ちながらも、俳優業にほとんど執着のない彼女だったが、つか...
DESTINY or FATEー運命の輪

DESTINY or FATE-運命の輪-ショートマンガ

明けましておめでとうございます。2024年が、皆様にとって、平和で素晴らしい一年になりますように。 無料漫画小説ーDESTINY or FATE-運命の輪-第一話
DESTINY or FATEー運命の輪

DESTINY or FATE-運命の輪-第二十六話(最終話)

「お兄ちゃん、どこにいるの?」 洞窟の中で眠りから覚めたヒエンは、ヒスイを必死に捜していた。 「ただいまヒエン。」 心配そうにしている彼女の背後から声が聞こえた。ヒスイは偵察からちゃんと帰ってきたのだ。 「お兄ちゃんお帰り、心配したんだよ。...
DESTINY or FATEー運命の輪

DESTINY or FATE-運命の輪-第二十五話

ヒスイが決意を決めたその瞬間、最後の力を振り絞り突き出された右腕には大鎌が握られ、矢に貫かれた傷口は嘘のようにふさがっていた、死神ヒスイの誕生した瞬間であった。 しかし彼を取り巻く状況は変わらずに、殺気に満ちたハインとその刺客達に囲まれたま...
DESTINY or FATEー運命の輪

DESTINY or FATE-運命の輪-第二十四話

問題はヒスイ、あんた自身がどうしたいかだ、さあ、どうする!? 実質これは、死神からの最後通牒だった。突き刺さった矢から体中の血があふれ出し、今まさにその命が燃え尽きようとしている瀬戸際で、ヒスイは最後の力をふりしぼった。 (...........
DESTINY or FATEー運命の輪

DESTINY or FATE-運命の輪-第二十三話

自分の願いのために、死神として永遠を生きる運命を受け入れられるかどうかー。 死神に与えられたチャンスにより、消えゆく命の中、ヒスイは選択を迫られた。意識は相変わらず朦朧としてはっきりしないが、そんな中でヒスイは昔のことを思い出していた。 何...
DESTINY or FATEー運命の輪

DESTINY or FATE-運命の輪-第二十二話

(チャンス.........!?) 死神の思いがけない提案に、薄れゆく意識の中でぼんやりと思いを巡らせた。 「ヒスイ、死神である俺は終わりなき永遠の時間、ただ一人死んだ者の魂を狩るだけのために生きなければならなかった。それはあんたには想像も...